実録!患者さんアンケート&応援団メッセージ

Gi外科クリニック 日帰り手術応援団

そけいヘルニア(脱腸) 患者様の声

【そけいヘルニア(脱腸)】57歳 男性患者様のアンケート

更新日:

【そけいヘルニア(脱腸)】57歳 男性患者様のアンケート

患者様アンケート

鼠径ヘルニアの患者さんの回答にお答えします!

質問に対する患者さんからの回答①

【質問】

どういう症状で受診されましたか。一番つらかった症状や気になった症状をお聞かせください。

【回答】

一度目のオペ(右側)の術後検診時、左側も発覚!再オペを告知された際には、大きなショックを受けました。


日帰り手術応援団からのコメント

一度手術をしたのに、対側のほうも脱腸になりまた手術か・・とショックですよね。

そういう方はみなさんショックを受けられます。

一番最初の受診で両側なっていることが分かれば、一度に両側手術させていただくのですが、左右が少しの時間差で発症してしまっている方も多く、そのような場合はまた日を改めて手術してもらっています。

でも、両側手術すれば完治しますので、今回は辛かったと思いますが、よく治療してくださいました。


質問に対する患者さんからの回答②


【質問】

今後同じ手術を受けられる方に日常生活・仕事復帰の目安をあげるとしたらどの様に思われますか。

【回答】

日常生活に影響あり。

麻酔が完全に抜けるまで(術後3~4時間)歩行に苦心しました。


日帰り手術応援団からのコメント

全身麻酔を受けられていますので、その日一日は少しフラフラしたり気分が悪いという方もおられます。

でも、公共交通機関を使ってご自身で歩いて帰られる方も多いですよ。

ただ、麻酔の影響でその日はご自身で運転することはご遠慮いただいております。

術後3日目には普段通りの生活ができたということでよかったです。


患者さんのアンケートを見て日帰り手術応援団から一言

今回2回目の手術だったということで大変お疲れ様でした。

対側の脱腸を告知されたときのショックは計り知れませんが、私たちスタッフは患者さんに治療を受けていただいたことがとても嬉しく思います。

よく決心して手術を受けてくださったと思います。

脱腸を放置して嵌頓を起こすより、発見できた時点で治療することができてよかったです。

本当にお疲れ様でした。

-そけいヘルニア(脱腸) 患者様の声

Copyright© Gi外科クリニック 日帰り手術応援団 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.